アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-4

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(4/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、最後の11問(4/4番目)について。

メリッサ

では最後の35~44まで。と言いたかったのですが、法規が抜けていたのでプラス4問=計48問

です。

問題

35. 皮膚について誤っているものを1つ選びなさい。
A. 表皮、真皮、皮下組織からなる。
B. 健康な皮膚はほとんどの病原微生物を通さない。
C. 表面は皮脂膜でおおわれている。
D. 表皮層には毛細血管やリンパ管がある。

36. 6大栄養素のうちのうちエネルギー源となる栄養素を1つ選びなさい。
A. ビタミン
B. ミネラル
C. 脂質
D. 食物繊維

37. アネロビクスに当てはまる運動で正しいものを1つ選びなさい。
A. 全力疾走
B. ウォーキング
C. エアロビクスダンス
D. マイペースの水泳

38. 睡眠について正しいものを1つ選びなさい。
A. レム睡眠中は大脳が眠っている。
B. 眠り始めはノンレム睡眠が起こりやすい。
C. レム睡眠中は体温が低下する。
D. ノンレム睡眠中は急速眼球運動がおこる。

39. 生活習慣病について正しいものを1つ選びなさい。
A. 「高血圧症」「脂質異常賞」「過敏性腸症候群」のこれらが生活習慣病である。
B. 「高血圧症」とは、収縮期血圧が130mmHg、拡張期血圧が85mmHgを越える状態である。
C. 「骨粗しょう症」は50歳代以降の男性に多くみられる。
D. LDLは悪玉コレステロールといわれる。

40. メタボリックシンドロームについて誤っているものを1つ選びなさい。
A. 不適切な生活習慣が原因である。
B. 皮下脂肪型肥満のひとは注意が必要である。
C. 放置すると動脈硬化症や糖尿病などに進展する可能性がある。
D. 高血糖や高血圧なども関係がある。

41. 卵胞ホルモンについて正しいものを1つ選びなさい。
A. 全身に広く作用している。
B. 分泌量は10歳代がピークで年々減っていく。
C. プロゲステロンともいわれている。
D. 血中のコレステロールを増加させる。

42. 閉経後の女性に起こりやすい症状について誤っているものを1つ選びなさい。
A. 骨粗しょう症
B. 動脈硬化証
C. 子宮ガン
D. 脂質異常症

43. ストレスについて正しいものを1つ選びなさい。
A. ストレスの全くない生活が理想的である。
B. 同じストレッサーであれば誰もが同じストレスを感じ個人差はない。
C. ストレッサーには社会的・心理的・環境的などさまざまな要因がある。
D. ストレスによりアルコール依存が起こることはない。

44. (公社)日本アロマ環境協会の資格制度について誤っているものを1つ選びなさい。
A. アロマセラピストの資格がなくてもサロンは開業できる。
B. アドバイザー資格は検定1級合格後、入会し、認定講習会を受講すると認定される。
C. アドバイザー資格はアロマテラピーの的確なアドバイスに必要な能力を認定した資格である。
D. アロマセラピスト資格試験はアロマテラピーインストラクター資格取得が必要である。

45. アドバイザーの心得について正しいものを1つ選びなさい。
A. 精油を販売する時に自己責任原則について説明した。
B. 精油を使った化粧品を作成しフリーマーケットで販売した。
C. 精油は効果効能があるので医薬品としても販売して良い。
D. アドバイザーの資格がないと精油の販売をしてはならない。

46. アロマテラピー行為として正しいものをひとつ選びなさい。
A. 妊婦へのトリートメントは絶対行なってはならない。
B. 医療現場でアロマテラピーを実践することは法律で禁じられている。
C. サービス行為として行なう。
D. 精油を利用して肩こりの治療を行なう。

47. 医療類似行為についてあてはまらないものを1つ選びなさい。
A. あん摩
B. マッサージ
C. 整体
D. 針灸

48. 精油は不眠症に効果があるといって販売することを規制する法律で正しいものを1つ選びなさい。
A. 医師法
B.医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)
C. 消防法
D. 製造物責任法

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-3

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(3/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、その中の11問(3/4番目)について。

ペパーミント

では早速23~34まで。

問題

23. 『マテリア・メディカ(植物誌)』を著した人物名を1つ選びなさい。
A. ガレノス
B. ディオスコリデス
C. ジョン・ジェラード
D. プリニウス

24. ケルン水について正しいものを1つ選びなさい。
A. ローズマリーを主体とした痛み止め薬だった。
B. イブン・シーナが創作した香水である。
C. フランスの町ケルンで好評を博した。
D. 「すばらしい水」という名前で売り出された。

25. ルネ・モーリスガットフォセについて正しいものを1つ選びなさい。
A. イギリス人科学者である。
B. アロマテラピーという用語を造語した。
C. インドシナ戦線に軍医として従軍した。
D. 日本にアロマテラピーを伝えた。

26. イギリスのホリステックアロマテラピーに影響を与えた人物で正しいものを1つ選びなさい。
A. マルグリット・モーリー
B. ジャン・バルネ
C. パオロ・ロベスティ
D. ニコラス・カルペパー

27. アロマテラピーの歴史において誤っているものを1つ選びなさい。
A. 精油の蒸留方法はイギリスのハーバリストたちが発明した。
B. 「ハンガリー王妃の水」はローズマリーを主体として作った痛み止め薬である。
C. 17世紀ごろ、ハーブや薬草を原料にした製品は医薬品と食料の両方に用いられていた。
D. 日本の鳥居鎮夫博士は香りの心理効果の研究で世界的に有名である。

28. 『循環型社会』づくりのため推進されている『3R』に含まれないものを1つ選びなさい。
A. Reduce
B. Reuse
C. Reserch
D. Recycle

29. 『グリーン』購入について正しいものを1つ選びなさい。
A. 国や公共機関のみが環境負荷のために推進している。
B. 一般消費者は行うべきではない。
C. 観葉植物を購入すること。
D. 「エコマーク」などがついた製品を優先的に購入すること。

30. ヒートアイランド対策として誤っているものを1つえらびなさい。
A. 屋上の緑化
B. 化石燃料を積極的に使う。
C. 建造物壁面につたを植える。
D. 校庭の芝生化

31. 地球温暖化の影響により、環境に及ぼす影響について、誤ったものを1つ選びなさい。
A.海水面が上昇するため海に沈む地域や島が生じる。
B. 集中豪雨や台風の多発、水不足などの異常気象が起こる。
C. 紫外線による健康被害が増える。
D.感染症の被害拡大。

32. 環境保全への取り組みで正しいものを1つえらびなさい。
A. 冷房温度は25度に設定する。
B. アイドリングストップは行なわない。
C. 化石燃料を使う。
D. 待機電力を減らす。

33. 嗅覚の伝達経路に含まれないものを1つ選びなさい。
A. 嗅上皮
B. 嗅球
C. 大脳辺縁系
D. 小脳

34. 次の文( )内に入る語句の組み合わせで正しいものを1つえらびなさい。
精油が人間の心と身体に作用する経路は、大きく分けて2つある。
ひとつは(①)から脳の(②)に伝わる経路。
もうひとつは皮膚や粘膜を介して血管に入り、(③)により全身に伝わる経路である。
(③)には更に呼吸器、皮膚、(④)の3つに分かれる。
A. 嗅覚 大脳新皮質 血液循環 循環器
B. 嗅覚 大脳辺縁系 血液循環 消化器
C. 真皮 大脳辺縁系 リンパ 消化器
D. 真皮 大脳新皮質 リンパ 循環器

 

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-2

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(2/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、その中の11問(2/4番目)について。

ローズマリー

では早速12~22まで。

問題

12.サンダルウッドオーストラリアについて誤っているものを1つ選びなさい。
A.オーストラリア原産の常緑高木である。
B.抽出部位は樹脂で水蒸気蒸留で得られる。
C.精神を落着かせて調和させる。
D.香りを持続することができる。

13. 植物油について間違ったものを1つ選びなさい。
A. スイートアーモンド油はバラ科のスイートアーモンドの種子からとれる植物性油脂である。
B. オリーブ油はモクセイ科のオリーブの果実からとれる植物性油脂である。
C. マカデミアナッツ油は、ヤマモガシ科のマカデミアナッツの種子からとれる植物性油脂である。
D. ホホバ油は、砂漠に自生するツゲ科のホホバの種子からとれる植物性油脂である。

14. 科名と植物名の組み合わせで、間違ったものを1つ選びなさい。
A. シソ科—パチュリ、メリッサ
B. フトモモ科—ティートゥリー、ユーカリ
C. ミカン科—ネロリ、ベルガモット
D. カンラン科—オリバナム、ベンゾイン

15. 精油について正しいものを1つ選びなさい。
A. 水に溶けにくく、油に溶けやすい。
B. 揮発しにくい。
C. 植物油と同じ油脂である。
D. 引火性はない。

16. 揮発性有機溶剤抽出法について正しいものを1つ選びなさい。
A. 手間がかかるので現在ではほとんどおこなわれていない。
B. 精油と同時にフローラルウォーターを得ることができる。
C. ローズオットーを得る方法である。
D. この方法で得られた精油をアブソリュートと呼ぶ。

17. 植物の芳香物質である忌避(きひ)作用の説明で正しいものを1つ選びなさい。
A. 昆虫や鳥を引き寄せ、受粉をしたり、種を遠くへ運んでもらう。
B. 虫や鳥が嫌う香りや苦味によって接触されるのを防ぐ。
C. 植物内で不要になった老廃物である。
D. 他の植物との生存競争に勝つため、その種の発芽や成長を抑える。

18. 精油の皮膚を柔らかくする作用を1つ選びなさい。
A. アストリンゼント作用
B. モイスチャー作用
C. エモリエント作用
D. 駆風(くふう)作用

19. 次の( )内に入る語句の組み合わせで正しいものを1つえらびなさい。
トリートメント用の(①)には精油の(②)を体内へ運ぶという意味がある。
精油は(③)にもよく溶けるが、体内への(④)のよさから植物油が使われる。
A. キャリアオイル 有効成分 鉱物油 浸透性
B. ブレンドオイル 有効成分 食用油 揮発性
C. ブレンドオイル 合成成分 鉱物油 揮発性
D. キャリアオイル 合成成分 食用油 浸透性

20. ミツロウクリームについて正しいものを1つ選びなさい。
A. ミツロウとエタノールで作る。
B. ミツロウはミツバチが巣を作るときに分泌するワックスである。
C. ミツロウを湯銭にかけ熱いうちに精油を入れる。
D. 植物性油脂である。

21. アロマテラピーの基材について正しいものを1つ選びなさい。
A 芳香蒸留水は精油を水で希釈したものである。
B アルコールは薬局などで購入できるメタノールを使用する。
C 水性の基材には精製水、蒸留水、市販の飲料水などを用いる。
D グリセリンは鉱物を主成分とする粘土である。

22. 『新約聖書』のキリストの誕生の際に東方の三賢人が捧げたといわれるもので誤っているものを1つ選びなさい。
A 黄金
B 安息香
C 乳香
D 没薬

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む »

アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-1

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(1/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、その中の11問(1/4番目)について。

模擬テスト

では早速、問題11。このあたりはまだ、簡単です。

問題

1. 沐浴法で正しいものを1つ選びなさい。
A. 2歳の子供に3滴の精油を入れて全身浴させた。
B. 肌の弱い方は精油を植物油に混ぜて使うとよい。
C. 高温で長時間の沐浴がより効果的である。
D. 足浴中に、お湯の温度がさめてきたので、精油とお湯を追加した。

2. トリートメントオイルの使用法で正しいものを1つ選びなさい。
A. 適量をトリートメントしたい部分に薄くのばす。
B. 20mlの植物油に6滴の精油を希釈したものを肌につける。
C. 傷があるときはその部分によくすりこむ。
D. 途中で手のひらや指が滑りにくくなったので、精油を足した。

3. ユーカリ精油の科名を1つ選びなさい。
A. シソ科
B. フウロソウ科
C. カンラン科
D. フトモモ科

4. ジュニパー精油について正しいものを1つ選びなさい。
A. 圧搾法により得られる。
B. 抽出部位は花である。
C. 紅茶の香り付けに使われる。
D. ヒノキ科の植物から得られる。

5. レモンの精油について誤っているものを1つ選びなさい。
A. 室内の空気洗浄や感染症の予防に用いられる。
B. 光毒性に注意が必要である。
C. 抽出部位は果実である。
D. 圧搾法にて得られる。

6. 次の説明に該当する精油を1つ選びなさい。
ギリシャ神話のアフロディテから香りを与えられたという植物から水蒸気蒸留法にて得られる。
A. ネロリ
B. フランキンセンス
C. イランイラン
D. スイートマージョラム

7. シソ科の植物より得られない精油を1つ選びなさい。
A. ゼラニウム
B. ローズマリー
C. クラリセージ
D. ペパーミント

8. イランイラン精油について正しいものを1つ選びなさい。
A. カンラン科の植物から得られる。
B. お酒の香り付けに使われている。
C. 名前は「花の中の花」という意味を持っている。
D. 寒い地方に育つ植物から得られる。

9. 次の説明に該当する精油を1つえらびなさい。
マリア様のバラというニックネームを持つシソ科の植物から得られる。
A. スイートマージョラム
B. ミルラ
C. フランキンセンス
D. ローズマリー

10. 光毒性に注意が必要でない精油を1つ選びなさい。

A. レモングラス
B. ベルガモット
C. グレープフルーツ
D. レモン

11. ネロリ精油について正しいものを1つ選びなさい。
A. 抽出部位は葉である。
B. 揮発性有機溶剤抽出法で得られる。
C. ミカン科の植物から抽出される。
D. 発汗を促し、尿の排泄をよくする作用がある。

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

 

続きを読む »


ピックアップコンテンツ

▲トップへ戻る