アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-4

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(4/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、最後の11問(4/4番目)について。

メリッサ

では最後の35~44まで。と言いたかったのですが、法規が抜けていたのでプラス4問=計48問

です。

問題

35. 皮膚について誤っているものを1つ選びなさい。
A. 表皮、真皮、皮下組織からなる。
B. 健康な皮膚はほとんどの病原微生物を通さない。
C. 表面は皮脂膜でおおわれている。
D. 表皮層には毛細血管やリンパ管がある。

36. 6大栄養素のうちのうちエネルギー源となる栄養素を1つ選びなさい。
A. ビタミン
B. ミネラル
C. 脂質
D. 食物繊維

37. アネロビクスに当てはまる運動で正しいものを1つ選びなさい。
A. 全力疾走
B. ウォーキング
C. エアロビクスダンス
D. マイペースの水泳

38. 睡眠について正しいものを1つ選びなさい。
A. レム睡眠中は大脳が眠っている。
B. 眠り始めはノンレム睡眠が起こりやすい。
C. レム睡眠中は体温が低下する。
D. ノンレム睡眠中は急速眼球運動がおこる。

39. 生活習慣病について正しいものを1つ選びなさい。
A. 「高血圧症」「脂質異常賞」「過敏性腸症候群」のこれらが生活習慣病である。
B. 「高血圧症」とは、収縮期血圧が130mmHg、拡張期血圧が85mmHgを越える状態である。
C. 「骨粗しょう症」は50歳代以降の男性に多くみられる。
D. LDLは悪玉コレステロールといわれる。

40. メタボリックシンドロームについて誤っているものを1つ選びなさい。
A. 不適切な生活習慣が原因である。
B. 皮下脂肪型肥満のひとは注意が必要である。
C. 放置すると動脈硬化症や糖尿病などに進展する可能性がある。
D. 高血糖や高血圧なども関係がある。

41. 卵胞ホルモンについて正しいものを1つ選びなさい。
A. 全身に広く作用している。
B. 分泌量は10歳代がピークで年々減っていく。
C. プロゲステロンともいわれている。
D. 血中のコレステロールを増加させる。

42. 閉経後の女性に起こりやすい症状について誤っているものを1つ選びなさい。
A. 骨粗しょう症
B. 動脈硬化証
C. 子宮ガン
D. 脂質異常症

43. ストレスについて正しいものを1つ選びなさい。
A. ストレスの全くない生活が理想的である。
B. 同じストレッサーであれば誰もが同じストレスを感じ個人差はない。
C. ストレッサーには社会的・心理的・環境的などさまざまな要因がある。
D. ストレスによりアルコール依存が起こることはない。

44. (公社)日本アロマ環境協会の資格制度について誤っているものを1つ選びなさい。
A. アロマセラピストの資格がなくてもサロンは開業できる。
B. アドバイザー資格は検定1級合格後、入会し、認定講習会を受講すると認定される。
C. アドバイザー資格はアロマテラピーの的確なアドバイスに必要な能力を認定した資格である。
D. アロマセラピスト資格試験はアロマテラピーインストラクター資格取得が必要である。

45. アドバイザーの心得について正しいものを1つ選びなさい。
A. 精油を販売する時に自己責任原則について説明した。
B. 精油を使った化粧品を作成しフリーマーケットで販売した。
C. 精油は効果効能があるので医薬品としても販売して良い。
D. アドバイザーの資格がないと精油の販売をしてはならない。

46. アロマテラピー行為として正しいものをひとつ選びなさい。
A. 妊婦へのトリートメントは絶対行なってはならない。
B. 医療現場でアロマテラピーを実践することは法律で禁じられている。
C. サービス行為として行なう。
D. 精油を利用して肩こりの治療を行なう。

47. 医療類似行為についてあてはまらないものを1つ選びなさい。
A. あん摩
B. マッサージ
C. 整体
D. 針灸

48. 精油は不眠症に効果があるといって販売することを規制する法律で正しいものを1つ選びなさい。
A. 医師法
B.医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)
C. 消防法
D. 製造物責任法

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

Sponsored Links

解答と解説

35.D

36.C

37.A

38.B

39.D
・過敏性腸症候群ではなくて、動脈硬化

40.B
・皮下脂肪型肥満ではなくて、内臓脂肪型肥満

41.C
・プロゲステロンは黄体ホルモン

42.C
*年齢、月経の有無には関係ありません。

43.C

44.D

45.A

46.C

47.C

48.B

*回答や解説でわからない箇所があれば、コメント欄に記入しておいてくださいね。確認後に回答させていただきます。

お疲れ様でした!

問題にはしていませんでしたが、(公社)日本アロマ環境協会の定める

・アロマテラピーの定義

・精油の定義 はしっかり理解しておくようにしましょう。

*キーワードとしてさいど以下の3つについて、しっかり理解しておきましょう。

・自然治癒力
・ホリステック
・予防医学

*回答や解説でわからない箇所があれば、コメント欄に記入しておいてくださいね。確認後に回答させていただきます。

試験まで、あと1週間。

体調を整えて、問題の見間違い、解答欄がずれていないかに気をつけてください。

短い期間でしたが、お付き合いいただきありがとうございました!

メトホルミン 通販

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ピックアップコンテンツ

Comment

  1. じゅん より:

    39.D
    ・過敏性腸症候群ではなくて、動脈硬化

    Dが正しいとなっていますが、
    LDLは悪玉では?

    • officeliberty より:

      じゅんさん

      ご返信が遅くなってしまいました。申し訳ございません。

      ご指摘のとおりDは悪玉コレステロールで、そのように訂正しました。

      この問題、正解がなかったですね。私のミスです。

      試験前に、いらいらさせてしまいました。
      試験が終って、少しホッとしていらっしゃる時期でしょうか?
      今回の試験は、それほど難しいものではなかったと思います。
      結果が出るまでドキドキだと思いますが、どうぞ楽しみに!

      お疲れ様でした。ありがとうございます!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲トップへ戻る