アロマテラピー検定(2016年5月8日用)模擬テスト-3

2016年5月8日(日)に行われるアロマテラピー検定1級用の模擬テスト(3/4)です。
*全44問の問題を作っています。

ここでは、その中の11問(3/4番目)について。

ペパーミント

では早速23~34まで。

問題

23. 『マテリア・メディカ(植物誌)』を著した人物名を1つ選びなさい。
A. ガレノス
B. ディオスコリデス
C. ジョン・ジェラード
D. プリニウス

24. ケルン水について正しいものを1つ選びなさい。
A. ローズマリーを主体とした痛み止め薬だった。
B. イブン・シーナが創作した香水である。
C. フランスの町ケルンで好評を博した。
D. 「すばらしい水」という名前で売り出された。

25. ルネ・モーリスガットフォセについて正しいものを1つ選びなさい。
A. イギリス人科学者である。
B. アロマテラピーという用語を造語した。
C. インドシナ戦線に軍医として従軍した。
D. 日本にアロマテラピーを伝えた。

26. イギリスのホリステックアロマテラピーに影響を与えた人物で正しいものを1つ選びなさい。
A. マルグリット・モーリー
B. ジャン・バルネ
C. パオロ・ロベスティ
D. ニコラス・カルペパー

27. アロマテラピーの歴史において誤っているものを1つ選びなさい。
A. 精油の蒸留方法はイギリスのハーバリストたちが発明した。
B. 「ハンガリー王妃の水」はローズマリーを主体として作った痛み止め薬である。
C. 17世紀ごろ、ハーブや薬草を原料にした製品は医薬品と食料の両方に用いられていた。
D. 日本の鳥居鎮夫博士は香りの心理効果の研究で世界的に有名である。

28. 『循環型社会』づくりのため推進されている『3R』に含まれないものを1つ選びなさい。
A. Reduce
B. Reuse
C. Reserch
D. Recycle

29. 『グリーン』購入について正しいものを1つ選びなさい。
A. 国や公共機関のみが環境負荷のために推進している。
B. 一般消費者は行うべきではない。
C. 観葉植物を購入すること。
D. 「エコマーク」などがついた製品を優先的に購入すること。

30. ヒートアイランド対策として誤っているものを1つえらびなさい。
A. 屋上の緑化
B. 化石燃料を積極的に使う。
C. 建造物壁面につたを植える。
D. 校庭の芝生化

31. 地球温暖化の影響により、環境に及ぼす影響について、誤ったものを1つ選びなさい。
A.海水面が上昇するため海に沈む地域や島が生じる。
B. 集中豪雨や台風の多発、水不足などの異常気象が起こる。
C. 紫外線による健康被害が増える。
D.感染症の被害拡大。

32. 環境保全への取り組みで正しいものを1つえらびなさい。
A. 冷房温度は25度に設定する。
B. アイドリングストップは行なわない。
C. 化石燃料を使う。
D. 待機電力を減らす。

33. 嗅覚の伝達経路に含まれないものを1つ選びなさい。
A. 嗅上皮
B. 嗅球
C. 大脳辺縁系
D. 小脳

34. 次の文( )内に入る語句の組み合わせで正しいものを1つえらびなさい。
精油が人間の心と身体に作用する経路は、大きく分けて2つある。
ひとつは(①)から脳の(②)に伝わる経路。
もうひとつは皮膚や粘膜を介して血管に入り、(③)により全身に伝わる経路である。
(③)には更に呼吸器、皮膚、(④)の3つに分かれる。
A. 嗅覚 大脳新皮質 血液循環 循環器
B. 嗅覚 大脳辺縁系 血液循環 消化器
C. 真皮 大脳辺縁系 リンパ 消化器
D. 真皮 大脳新皮質 リンパ 循環器

 

 

回答と解説は、「続きを読む」からどうぞ。

Sponsored Links

解答と解説

23.B

24.D

25.B

26.A

27.A

28.C

29.D

30.B

31.C
・紫外線による健康被害が増えるのは、オゾン層の破壊によるもの

32.D

33.D

34.B

 

*回答や解説でわからない箇所があれば、コメント欄に記入しておいてくださいね。確認後に回答させていただきます。

メトホルミン 通販

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ピックアップコンテンツ

Comment

  1. s より:

    29の正解はCではなく、Dじゃないでしょうか?

    • officeliberty より:

      こちらも、正解はDです。

      訂正しております。
      ご指摘ありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲トップへ戻る