このページは、ハーブ・スパイス辞典(Part6)の続きです。

ここからは日本のハーブ(和ハーブ)です。
私たちの生活に馴染み深いものですが、試験となると知らないことが沢山。
知識があって使うのと、知らなくて使うのとでは楽しさがグンと変わってくるはず。

試験が終ったあとに、ゆっくりと日常に取り入れて、知識を経験にかえていきたいなと思います。

頭がパンパンになって来ましたが、もう一息。

今までと同じように、チェックしておいたほうがいいと思えるキーワードと、簡単な演習問題で構成しています。

Sponsored Links

ハーブ・スパイス10種類(クチナシP120~アシタバP129まで)

※ハーブ・スパイス各論(和名、科名、使用部位は省きます)

37.クチナシ
サンシン(月桃=サンニン)←名前が似ています。
クロシン—果実に浮くまれる黄色い色素成分(栗きんとん、たくあん等の色づけ)
・くちなしの花-香水の原料
山査子(陰干しした果実)
黄飯=和製パエリア(大分県臼杵市)
・由来=「口がない」、「口が開かない」

息抜きコラム

クチナシの実は見たことあるのですが、くちなしの花は見たことがないかも?って調べてみたら、ちゃんと見たことありました。

香りは濃厚で「ガーデニア」という名前の精油です。

ガーデニアAbs くちなしの花の精油 3ml☆

ただ、面白いことに「くちなしの花」で検索すると、渡哲也さんの名曲がTOPページに表示されるんですよね(笑)。

⇒ 渡哲也さんの「くちなしの花」

試験が終わったら、ゆっくり香水でも作って見ようかと思います。

38.ゲットウ(サンニン)
・沖縄の鬼餅(ムーチー)
・抗不安、更年期の精神症状改善
・毒虫にさされた時に

39.サンショウ
サンショオール
・七味唐辛子の原料
・木の芽=若葉
・「椒」=芳しいの意味

40.シソ
青紫蘇—茎葉が緑=薬味、刺身のつま、食材として
赤紫蘇—紫色=梅干の色付けや薬草
・「蘇」=香りが食を進め元気を蘇らせる

41.スギナ
・禁忌—心臓や腎臓の機能不全の人
・ツクシはスギナの胞子茎
・泌尿器系のトラブル
ケイ素
・17C英国のハーバリストをはじめ、ドイツの自然療法、アーユルヴェーダでも珍重

42.ドクダミ
十薬(約10種類の働きがある)
・強力な抗酸化作用
・由来:毒矯め、毒溜め

43.ハトムギ
・イボの特効薬
ヨクイニン=生薬-–関節炎やリウマチ
・ハトが好んで食べた

44.ヨモギ
・女性のトラブルを解消
モグサの原料
・草餅、草団子
・漢方—止血や冷えの改善
・アーユルヴェーダ—月経不順や頭痛の改善
・邪気をはらうハーブ
沖縄のフーチバーはニシヨモギ

45.和ハッカ
目草(メグサ)=メザメグサ=メハリグサ
ハッカ脳-–薬品やお菓子に利用
*ハッカ脳とは?葉から水蒸気蒸留法で精油を取り出し、その中のℓ-メントール(エル-メントール)それを冷却結晶させたもの
西洋ペパーミントやスペアミントからは摂れない

46・アシタバ
・不老長寿の特効薬
八丈草(はちじょうそう)
・カルコン—抗酸化作用(生活習慣病の予防など)
・葉を摘んでも明日には芽がでる
*八丈島について少し知らべてみると、九州の宮崎のような南国の植物が生息しているのですね。
八丈島植物園⇒http://www.hachijo-vc.com/garden/island.php

演習問題

Q1.下記の中から正しいものを選びなさい。

  1. クチナシ-クスノキ科-クロシン
  2. ゲットウ-サンニン-ムーチー
  3. スギナ-ツクシ科-膀胱炎
  4. サンショウ-五香粉、木の芽
  5. ハトムギ-餅くさ-ヨクイニン

Q2.次の組み合わせのうち正しいものを選びなさい。

  1. クチナシ-クスノキ科-クロシン
  2. スギナ-ツクシ科-ケイ素
  3. ハトムギ-イネ科-ヨクイニン
  4. ゲットウ-サンシン-ムーチー
  5. ヨモギ-十薬-モグサの原料

回答と解説ページの表示方法

回答と解説ページの表示方法
回答と解説は、このページ一番下の「次ページ」というグレーのボタンをタップした次のページに表示されます。

 

Sponsored Links
コメントを残す

CAPTCHA