メディカルハーブ検定及びメディカルハーブコーディネーターについて

メディカルハーブ01

メディカルハーブ検定の受験を考えていらっしゃる方へ

ここでは、メディカルハーブ検定について、そして検定合格後のメディカルハーブコーディネーターになる方法ついて説明しています。

そもそもメディカルハーブとは何でしょう?

その前に、「ハーブ」って言う言葉も耳にするけど、何?って聞かれると、言葉できちんと答えられないです。

なので先ず『ハーブってなんだろう?』

『メディカルハーブってなんだろう?』から入っていきますね。

Sponsored Links

メディカルハーブとは?

まずハーブとは、料理をはじめ、日常のさまざまな分野で活用されていますが、ハーブは、人の生活に役立つ植物の総称で、「薬草」「香草」と邦訳されます。

その沢山の種類のハーブがある中で、メディカルハーブとは、ハーブに含まれている成分を健康維持のために使おうとする分野で、薬用植物そのものを示す場合もあります。

メディカルハーブ検定とは?

メディカルハーブ検定は、日本メディカルハーブ協会の民間資格です。

ハーブに関する民間資格はいくつもある中の1つで、同日に行われるハーブ&ライフ検定もその1つです。

他にも異なる協会がそれぞれの認定資格制度を設けて、日常で楽しむための講座や資格、さらに上級になると自分で教室を開けるような資格にまで発展させる知識が学べる資格に繋がっているところもあります。

この、日本メディカルハーブ協会主催のメディカルハーブ検定はメディカルハーブを安全に楽しむために必要な最低限の知識をコンパクトにまとめたものであると同時に、合格後にはレポート提出やメディカルハーブ協会への入会などの手続きを済ませれば、「メディカルハーブコーディネーター」資格認定取得につながります。

試験に合格したからと行って必ず協会に入会して資格を取得しなければいけないのかというと、そうではありません。

協会に入会するには、入会料や年会費も発生しますから、ご自身のためのチャレンジや身近な人と安全にハーブを楽しみたいという方は、検定対応の15種類の知識を知るだけでも十分に活用できます。

日常に取り入れて、生活の質をあげる手伝いにつかっていけますね!

なにか、履歴書にかける資格がほしいと思っていらっしゃる方は、直接、就職先に必要な資格とは関係ないかもしれなけれど、検定範囲の他に法律関係の勉強も含まれるメディカルハーブコーディネータ資格取得にチャレンジしてもいいのかな?っと思います。

メディカルハーブコーディネーター資格を取得すると

メディカルハーブコーディネーター資格を取得すると、自分自身の美容と健康のためだけではなく、家族や友人とメディカルハーブを楽しむための知識として、または、ハーブショップやアロマショップなどでのサービスに必要な知識として活用できます。

メディカルハーブコーディネータの資格を取得する方法

メディカルハーブコーディネーターになる方法は、

  1. 日本メディカルハーブ検定に合格後、日本メディカルハーブ協会に入会。
  2. 入会後に所定のプログラムを終了 これだけです。

上記の2つを済ませると、メディカルハーブコーディネーター資格が認定され、賞状形式の認定証とキャッシュカードサイズの認定カードが交付されます。

メディカルハーブコーディネーターの所定のプログラムを終了すると、認定カードと共に送られてくる冊子2冊がこちら。

左側の黄色い表紙の中身は、検定対象の15種類のハーブについて、検定テキストよりも詳しく解説されています。

メディカルハーブコーディネーター

中身はこんな風で↓安全性のクラス表示もされています。

エキナセア

もう一冊の、右側の紫色の表紙の冊子は、法規について書かれています。

メディカルハーブで使っていくハーブは、食品としての扱いになりますから、法律も食品に準拠していたり、薬効成分を含んでいる観点から、旧薬事法(医薬品医療機器等法)の観点から解説されたものです。

また、メディカルハーブコーディネーター資格を取得すると、その上級資格であるハーバルセラピスト資格を取得しようとする場合認定料金が一部免除されます。

日本メディカルハーブ協会の会員になるには?

  • 入会金:8000円(2017年4月から値上げ改定)
  • 年会費:8000円(2017年4月から値上げ改定)
  • 年会費期間:4/1~翌年の3/31まで

合格後に入会金、年会費(非会員の方のみ)が必要で、年会費の有効期間は4/1~翌年の3/31まで。

次の年度にはまた、年会費が必要になってきます。

※2017年度から入会金も年会費も値上げされています。

入会すると年に4回届く会報誌がこちら。

中身は専門的な内容が多く、1冊ごとに1つのハーブについて深掘りしてあるので、ハーブ辞書として使えます。ちょっと(かなり)難しいけど、表紙は飾っておけるほど綺麗です。

メディカルハーブ会報誌

検定や、協会入会の詳細は ⇒ 日本メディカルハーブ協会

Sponsored Links

メディカルハーブ検定を受けるのに必要なもの

ハーブについて既に知識がおありの方も、検定テキストは必要です。

植物は、まだまだ知られていない部分がとても多く、分類なども時代と共に変わっていくものもあります。

テキストをお持ちの方はP22エルダーフラワーの頁を参照してください。

仮名がレンプクソウ科(スイカズラ科)と表記されているとおり、以前はスイカズラ科に分類されていました。

よくよく調べてみると、形態が少し違うかも?見たいな感じで、科名の変更は意外に置くあるのです。

定期的にテキストが改定されて、植物の分類が変わったり、薬事法⇒「医薬品医療機器等法」と法律の名前が変わったりしていますので、最新のテキストをつかってください。

左が旧テキスト、右が新テキスト

表紙に描かれているのは、インフルエンザの特効薬といわれて、冬場には大活躍するエキナセアです。

メディカルハーブ検定テキスト

スクールに通って試験を受けられるのであれば、問題集は必要ないかな?とも思うのですが、問題なれしておくために問題集はとっても役立ちます。

今のところ、この1冊しか出ていないようですが、以外にも、成分なんかも出て「難しい」と感じる試験ですから、試験前に問題集をやっておくと、安心して試験に望めますよ。

また、余裕があれば、テキスト内のハーブティーのブレンドなんかもテキストどおりにブレンドしてみて、味と香り、形状など、五感をフル活用して一緒に覚えていくほうが頭に入りやすいです。

 

もちろん、このハーブは食品としてハーブティーに使ったり、お料理に使ったり出来るもの。

ただ検定対策に購入して、パッケージも可愛いので、大事にとってある方もいらっしゃいますが、もったいないですよ!

検定対応の15種類は、使いやすい基本のハーブですから、購入されたら、早めに使い切るようにしましょう。

まとめ

ここでは、メディカルハーブ検定及びメディカルハーブコーディネーターについて資格取得の方法や入会金と年会費についてもまとめています。

メディカルハーブの検定は、ハーブの成分など、日常では聞いたこともない成分まで覚えなくちゃいけないのでちょっと大変ですが、独学でも十分に学べます。

心や身体の不調に、年代関係なく使って行くことが可能なので、新しいこのへのチャレンジや、生活の質を上げる日常に取り入れるために是非チャレンジしてみてくださいね!

きっと、あなたの生活の質と幅がグーンとひろがっていくはずです。2018

試験対策用には、最終チェック用に押さえておきたい箇所のキーワードを抜き出したサイトがあります。

便利に使っていただければとおもいます。

 

人気ブログランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

 

Sponsored Links

関連ピックアップコンテンツ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲トップへ戻る